2019年06月08日

Uneal 髪のボーン設定がわかりた!

どんな設定しても荒ぶってたり、頭から弾かれて吹っ飛んだりしててClothで誤魔化してた
髪の設定がわかりました。
グーグル先生に聞いて、その通りにしてもダメだったんですが、どうしてなんですかね?
自分の設定じゃないと粗ぶりまくります。

後、ツインテとかインテークとかの、重力無視した特殊な形の髪は、髪型通りにボーンを仕込むと、
Unrealフィジック設定では、重力で真下に直線的に引き延ばされるので、変わってしまいます。
その対策もできました!

特に、 LinerDumping が設定しないとダメで、いろいろな解説ページとかみてると、「関係ないので 無視してる」のが
一般的でした。

でこんな感じにすればOKです。

まずは、DCCツールでのボーン定義のとき 直線的に配置します
20190607a.jpg

2.フィジックスの設定 コライダー編
20190607b.jpg20190607c.jpg


3.フィジックスの設定 回転軸編
  Soft Constraint は荒ぶる元凶なので切ります
20190607d.jpg

4.Skeletaleメッシュのコリジョン設定
  Pawn が重要
20190607e.jpg


5.準備できたので設定したボーンを動くように Initialize Animation で紙の束の一番上の階層に動作開始を指示
  (関係ないけど、MS IMEの空気読めない誤変換が高確率すぎて腹が立つ!) 
20190607f.jpg


以下おまけw  ( ゚∀゚)o彡゜おっぱいおっぱい
20190607omake1.jpg

20190607omake2.jpg


動いてるところ
posted by t/a at 05:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。